賃貸マンションを探しているときに悩みがちなのが、家賃の高さと設備や立地のバランスをどのようにして決めるかです。どのような観点を重視すると失敗がないのでしょうか。基本的な考え方を身につけておきましょう。

どんな設備を重視するかを決めよう

設備のグレードも検討しよう

賃貸マンションの設備

賃貸マンションを選ぶときに設備をどのくらい重視するべきかで悩むこともあります。設備が充実しているほど高くなってしまう傾向がありますが、どのようなポイントを押さえて選ぶようにすると失敗がないのでしょうか。

希望する設備と家賃の関係を調べよう

希望する設備に優先順位を決めよう

賃貸マンションを借りる時には、様々な設備が整っている物件を選びたいと考えている人も多いのではないでしょうか。日本製の家電は長持ちすると言われていますが、日本製の洗濯機であっても屋外に設置するのかそれとも室内に設置するのかによって劣化スピードは大きく異なります。そのため、物件選びでは室内に洗濯置き場がある物件が人気です。 エアコンが設置されているのはもちろんのこと、バストイレは別々、独立洗面台付きのマンションを探しているなど、様々な希望があるかと思います。しかし、物件に何が設置されているかによって家賃にも差が出てきます。少しでも家賃を抑えたいと考えるのであれば、希望する設備に優先順位を決めておくことが大切です。絶対に必要な設備、妥協しても良い設備も決めておくことで、希望する設備と希望する家賃とが合致した物件選びをすることができます。

設備でどれだけ家賃に影響するの?

一般的には、築年数や立地によって家賃が決まると言われていて、設備によってどれだけの家賃差が生じるのかと疑問を感じる人もいるでしょう。お風呂とトイレが別々になっているかどうかで4千円~1万円、洗濯置き場が室内か屋外かで千円~2万円の差が出ると言われています。最近の日本の夏はとても暑い日が続き、熱中対策のためにもエアコンは必須ですが、近年エアコンが設置されていない物件の方が珍しく、エアコンが設置されているかどうかで家賃には大きな差は生じないようです。 女性が一人暮らしをする場合には、オートロックは必須条件としている人が多いですが、設置されている物件と設置されていない物件を比較すると4千円~1万円の差があります。このように、どのような設備が設置されているかによって家賃にも大きな差が生まれます。希望する設備に優先順位を決めて、妥協できる設備は妥協することで家賃を抑えた物件選びも可能になります。

賃貸マンションの立地

賃貸マンションを選ぶときには立地が大切だと考える人も多いでしょう。一般的に好立地と言われるマンションはやはり家賃が高くなりがちですが、どのようなポイントに着目して選ぶと費用対効果が高くなるのでしょうか。

周辺環境へのこだわりを考えよう

マンションを借りる時、間取りや水回りの設備、築年数や外観などチェックするポイントはたくさんあり、こだわりも人それぞれですよね。ですが、マンションが立地しているエリアは自分が生活を送っていく場となり…

駅へのアクセスを重視するかを検討しよう

賃貸マンションの情報を集める際に、皆さんがまず注目するのが近くの駅へのアクセス情報ではないでしょうか。確かに駅まで歩いてすぐの距離であれば通勤や通学の際に長い距離を歩かなくてもいいので駅から非常に…

立地と家賃の関係を調べてみよう

これから一人暮らしとして賃貸マンションを借りようとするときに、多くの人々が気になるのがどれくらいの家賃で借りることができるかでしょう。月々、これからどれくらいの金額を支払うことになるのかは多くの人…